正しい使い方で使用する

a blue pill and pinks drugs

避妊用フィルムは使い方を間違えると避妊効果が正しく発揮されない事がありますので、利用の前に必ず使用方法について知っておきましょう。
避妊用フィルムはその名の通りフィルム状の薬で、それを挿入することによって避妊効果を発揮します。その時に注意していただきたいのは、必ず避妊用フィルムを奥まで挿入するということです。
避妊用フィルムは水分を吸収することによってゼリー状になるのですが、奥まで挿入しない限りは十分に効果を発揮しません。女性器に挿入した時点で水分を吸収し、入り口付近で溶けだしてしまう可能性もありますので、避妊用フィルムの挿入は手早く行いましょう。
避妊用フィルムを素早く挿入するコツは、フィルムを4つ折りや8つ折りといった小さい形にすることです。表面積が多いと、どうしても水分を多く吸ってしまい、奥まで挿入するまでに溶けてしまう可能性が高いです。
同じ理由で、避妊用フィルムの挿入は乾いた手で行うことも重要です。手が濡れているとそれだけで挿入が困難になることを覚えておきましょう。

避妊用フィルムを正しく挿入した後に気を付けるのは、溶け出すまでに少しの時間がかかるということです。
溶けだすまでの時間はメーカーによって異なりますが、基本的には10分程度です。フィルムの挿入からすぐに性行為を行うと効果を発揮しないので、少し待ってから挿入しましょう。
ちなみに、避妊用フィルムの効果は一時間程度になっており、その間に射精しなければ意味がありません。行為が早すぎるのも、時間がかかり過ぎるのも避妊効果がなくなってしまうことになるので注意しましょう。