輸入ならではの注意点

many vials

個人輸入の代行通販を利用すれば本当に簡単に避妊用フィルムが手に入りますので、ついつい海外から輸入しているということを忘れそうになってしまいます。
ただ、避妊用フィルムの購入にあたっては個人輸入ならではの注意点もありますので、購入の前にしっかりおさらいしておきましょう。

まず、海外からの輸入できるのは自分で使う分だけです。薬事法によって、個人輸入した薬の譲渡、転売は禁止されているので、必ずルールを守りましょう。
これによって気を付けていただきたいのは、商品の注文時の名前です。例えば彼氏の名前、彼氏のカードで避妊用フィルムを買った場合、実際に避妊用フィルムを使用するのは女性になりますので法律違反になってしまう可能性があります。
また、個人名で頼んでおきながら発送先を会社の住所などにした場合も税関で止められてしまう可能性があるので、面倒でも自分の名前で注文し、自分の家に届くようにしましょう。

もう一点気を付けていただきたいのは、商品の到着が普通の通販よりも遅くなってしまいがちだということです。
避妊用フィルムは海外からの発送になりますし、税関で検閲されることもありますので、場合によっては注文から2~3週間かかってしまう可能性もあります。
普通の通販と同じ感覚で利用していると、利用したい時に間に合わないということにもなりかねないので、必ず余裕をもって注文を行いましょう。
ちなみに、個人輸入の場合は転売防止の観点から一度に注文できる薬の量が決まっていますので、買いだめもできません。
計画的に購入することを心がけましょう。